コラーゲンを多く含む食品


 
私たちのカラダの若々しさを保つ働きをしているコラーゲン。
成人女性が1日の食事で、どのくらいの量のコラーゲンを摂取しているかというと、平均1900mg

一方、理想として1日に5000~10000㎎コラーゲンを摂取すると、皮膚の水分量がアップし、ハリやうるおいなど肌状態が改善するのだそう。

理想のお肌に近づくべく、食生活から見直してみる必要がありそうです。
 
 

コラーゲンが豊富な食材一覧

一般的にコラーゲンを多く含む食品としてよく知られるものは、フカヒレやうなぎ。
ちなみに、うなぎ(100ℊ)に含まれるコラーゲンは5530mg、フカヒレでは9920㎎も!

でも、滅多に食べられないですよね・・。

そこで、私達が普段よく食べているものの中で、コラーゲンが豊富に含まれる食材について調べてみました!

 肉類


食材100gに含まれるコラーゲン量を以下の表にまとめました。

肉類(100g) コラーゲン量(㎎)
牛すじ 4980
豚小間 1190
鶏もも 1560
鶏手羽元 1990
砂肝 2320
鶏なんこつ 4000
ソーセージ 1570
ハム 1120

牛すじや鶏手羽をはじめ、ハムやソーセージといった加工品にもコラーゲンが多く含まれているんですね。

 魚介類

魚介類(100ℊ) コラーゲン量(㎎)
ハモ 3560
サケ 2410
サンマ 1820
ブリ 1620
サワラ 1280
塩サバ 1250
真いわし 1060
しらす 1920
かつお節  1660
イカ 1380
エビ 1150
アサリ 1100
生ガキ 980

スーパーでよく見かける魚介にも、たくさんコラーゲンが含まれていることが分かりました。
魚は、骨や皮の部分に特にコラーゲンが多く含まれるため、皮ごと食べるのがおススメです。

また、しらすやかつお節なら手軽に摂れるので、どんどん活用したいですね。

 

食事で不足しがちなコラーゲンを補うなら
コラーゲン10,000㎎配合 森永コラーゲンドリンクお試しはこちら⇒

コラーゲンとコラーゲンペプチド、ゼラチンの違い

美容のため多くの女性が飲んでいるコラーゲンですが、

「そもそもコラーゲンって何?」

「コラーゲンとゼラチンって同じもの?」
「コラーゲンとコラーゲンペプチドは何が違うの?」

と分からないことばかり・・

そんな疑問から、それぞれの違いを調べてみました。

コラーゲンとは?

コラーゲンは動物の体内に含まれているたんぱく質です。

私たちのカラダにも骨や血管、内臓などあらゆるところに存在しています。

もちろん肌にも含まれていて、
なんと表皮の下にある真皮の約70%はコラーゲンでできているのだそう!

真皮のコラーゲンは、エラスチンやヒアルロン酸といった成分とともに繊維状に張り巡らされ、肌の弾力を保つ働きをしています。

私たちの肌の奥はほぼコラーゲンでできていたのですね。

 

コラーゲンとゼラチン、コラーゲンペプチドの違い

コラーゲンの分子は、3重らせん構造になっています。
そのまま食べても、胃や腸で分解されにくく吸収されにくいです。

そこで消化吸収しやすいようにコラーゲンに熱を加えて分解したものが「ゼラチン」です。

ゼリーなどの食品をはじめ、化粧品や接着剤など私たちの身の回りの様々なものに使用されています。

そして、そのゼラチンをさらに加水分解したものが「コラーゲンペプチド」になります。

分子の大きさ  コラーゲン>ゼラチン>コラーゲンペプチド

性質としては、ゼラチンは冷水には溶けにくく温水で溶けますが、冷やすと固まります。
一方、コラーゲンペプチドは冷水でも溶けやすい上、冷やしても固まりません。

元は同じコラーゲンのゼラチンとコラーゲンペプチドですが、比べてみると色々と違いがあることが分かりました。

冷水でも溶けやすく、低分子でカラダに吸収されやすいことからコラーゲンドリンクには「コラーゲンペプチド」が使用されているのですね!
 
 
 

↓からだに吸収されやすい「コラーゲンペプチド」10,000㎎配合↓
コラーゲンペプチド10,000㎎配合 森永コラーゲンドリンク詳しくはこちら

コラーゲンの吸収率を高めるには?

私たちのカラダは、水分を除く半分程がたんぱく質でできています。

そして、そのたんぱく質の約1/3を占めるのが「コラーゲン」。
筋肉や骨、内臓など身体の中のいたるところに存在しています。

コラーゲンは細胞と細胞をつなぐ接着剤のような役割を果たし、見た目の美しさはもちろん私たちが健康を維持することにも関係しています。

「コラーゲンの吸収率を高めるには?」の続きを読む…