若さを保つ為にできること

若さや健康を保つためコラーゲンを摂ることも大切ですが、さらにその効果をキープするための大事な方法があります。

  睡 眠

忙しいとついつい削られてしまう睡眠時間。けれど細胞や皮膚は私達が眠っている間に作られます。

その為、睡眠不足が続くと肌の再生が滞り、吹き出物などの肌トラブルが起こりやすくなるだけでなく、肌の老化も進んでしまいます。

rirak

質の良い睡眠をしっかりとって、細胞が新しく生まれ変わるサイクルを整えましょう

 

 質の良い睡眠をとるコツ

    • 寝る1時間前には部屋を暗めにする

光の刺激を抑えることで脳が沈静化し眠りにつきやすくなります。
就寝前にテレビやスマホなど光るものを見るのは控えめに。

    • 夜8時以降にコーヒーや紅茶を飲まない

コーヒーや紅茶、緑茶には覚醒作用のあるカフェインが含まれています。
寝る前に飲むなら、ホットミルクや豆乳がおすすめです。

    • 入浴後20~30分のうちにベットに入る

人間は体温が急激に下がると眠りやすくなると言われています。
40℃位までのお湯に入浴し体温を少し上げ、体温が下がるまでに布団に入ると良いようです。

 

  食生活

必要な栄養素が満たされた食生活は、若々しさへの第一歩。

美肌のためには、肌老化を防ぐ効果のある”抗酸化作用の高い食品”を積極的に摂りつつ、

炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルをバランスよく摂ることが肝心です。

frurt

 抗酸化作用のある食品

ビタミンA にんじん、かぼちゃ、しそなど

ビタミンC ブロッコリー、ピーマン、ほうれん草、キャベツ、じゃがいも、レモン、キウイなど

ビタミンE 大豆、ナッツ類、アボカドなど

以上のビタミンACE(エース)の他、カロテノイドポリフェノールにも抗酸化作用があります。

カロテノイドは人参やトマト、鮭などに多く含まれていて、ポリフェノールは緑茶や赤ワイン、大豆などにも含まれています。

  ストレス

現代はストレス社会。ストレスをゼロにすることは困難です。

しかしながらストレスが高じると、知らず知らずのうちに私たちのカラダに負担をかけ、さまざまな症状を引き起します。

体内にあるコラーゲンも劣化させるため、お肌にとっても良くありません。

まずは栄養のあるものをきちんと食べ、ゆっくり眠る生活を心がけましょう

そして趣味を楽しむ、好きな音楽を聴くなど自分に合った方法でリラックスし、ストレスと上手く付き合っていくことが大切です。

私は近ごろアロマテラピーを使って癒されてます。

<ストレス解消におすすめのアロマ>
aroma
◇ ラベンダー
ストレスや緊張を和らげ、不眠に良いとされる

◇ ローズ
落ち込んだ気分を癒しポジティブに
肌の再生を高める効果も

◇ ペパーミント
怒りを鎮め、心を落ち着かせえる
ニキビなどの炎症にもよいとされる

 

  紫外線

紫外線には様々な効果がありますが、無防備に浴びすぎるとコラーゲンの劣化を招き、シミやシワの原因になります。

日焼け止めなどで適切なUVケアを行いましょう。

  よけ効果が高い服は?!

UVカットの服が一番良いですが、そうでない場合は生地で選びます。

生地の厚みや色よりも、目の細かさがポイント!目の粗い素材は、紫外線を通すので注意が必要です。

ストレスなどが原因で減ってしまうコラーゲンを補うなら『森永コラーゲンお試し12本セット』↓

コラーゲンnバナー