コラーゲンとコラーゲンペプチド、ゼラチンの違い

美容のため多くの女性が飲んでいるコラーゲンですが、

「そもそもコラーゲンって何?」

「コラーゲンとゼラチンって同じもの?」
「コラーゲンとコラーゲンペプチドは何が違うの?」

と分からないことばかり・・

そんな疑問から、それぞれの違いを調べてみました。

コラーゲンとは?

コラーゲンは動物の体内に含まれているたんぱく質です。

私たちのカラダにも骨や血管、内臓などあらゆるところに存在しています。

もちろん肌にも含まれていて、
なんと表皮の下にある真皮の約70%はコラーゲンでできているのだそう!

真皮のコラーゲンは、エラスチンやヒアルロン酸といった成分とともに繊維状に張り巡らされ、肌の弾力を保つ働きをしています。

私たちの肌の奥はほぼコラーゲンでできていたのですね。

 

コラーゲンとゼラチン、コラーゲンペプチドの違い

コラーゲンの分子は、3重らせん構造になっています。
そのまま食べても、胃や腸で分解されにくく吸収されにくいです。

そこで消化吸収しやすいようにコラーゲンに熱を加えて分解したものが「ゼラチン」です。

ゼリーなどの食品をはじめ、化粧品や接着剤など私たちの身の回りの様々なものに使用されています。

そして、そのゼラチンをさらに加水分解したものが「コラーゲンペプチド」になります。

分子の大きさ  コラーゲン>ゼラチン>コラーゲンペプチド

性質としては、ゼラチンは冷水には溶けにくく温水で溶けますが、冷やすと固まります。
一方、コラーゲンペプチドは冷水でも溶けやすい上、冷やしても固まりません。

元は同じコラーゲンのゼラチンとコラーゲンペプチドですが、比べてみると色々と違いがあることが分かりました。

冷水でも溶けやすく、低分子でカラダに吸収されやすいことからコラーゲンドリンクには「コラーゲンペプチド」が使用されているのですね!
 
 
 

↓からだに吸収されやすい「コラーゲンペプチド」10,000㎎配合↓
コラーゲンペプチド10,000㎎配合 森永コラーゲンドリンク詳しくはこちら